気象予報士の解説付き 雨女・雨男でも もう大丈夫!お出かけは天気予報を味方につけて!

待ちに待ったお出かけ。コーディネートもバッチリ決まったのに、外は雨! いつだって私が楽しみにしている日は雨が降る……そんな肩身の狭い思いをしていた雨女・雨男のみなさんに朗報があります! 今回は、日本全国の雨女・雨男それぞれ100名、計200名を徹底調査。さらに、新放送サービス「i-dio」で日本初のモビリティ向け専用デジタルラジオを展開する「Amanekチャンネル」担当気象予報士の協力を得て、もう雨女・雨男とは言わせない(かもしれない)対策と方法を聞いてみました!

※ここでは、雨女・雨男の定義を「まわりから雨女/雨男と言われる」「自分で雨女/雨男だと思う」いずれかに当てはまる人としています。

今回アドバイスを貰ったのはこの二人!

気象予報士:渡邉 彩さん(写真左)気象予報士:齊藤 愛子さん(写真右)
気象予報士:渡邉 彩さん(写真左)
気象予報士:齊藤 愛子さん(写真右)

世の中には3種類の雨女・雨男がいる!?

あなたは、雨女もしくは雨男ですか?

雨女・雨男なんて迷信! と思うのも当然。なぜなら日本は意外にも雨の日が多い国なのです。総務省統計局「統計でみる都道府県のすがた2016」によると、年間降水日数が最も多いのは「秋田県」で177日、2位は「新潟県」で170日。東京でも106日は雨が降っています。つまり、全国平均で約3日に1日は雨降りなのです。
とはいえ、今回の調査では3種類の雨女・雨男がいることがわかりました。これぞホンモノ、「自他共に認める」雨女・雨男は、約半数(48.0%)。人には言われないけれど、自分では密かにそう思っている「隠れ」雨女・雨男が31.0%。さらに、周りからは言われるけれど、自分ではそう思っていない、最もタチの悪い「無自覚」雨女・雨男が21.0%。気象予報士にも雨女・雨男はいるのでしょうか?

参考:総務省統計局「統計でみる都道府県のすがた 2016」
http://www.stat.go.jp/data/k-sugata/

気象予報士 渡邉 彩 さん気象予報士 齊藤 愛子さん

Amanekチャンネル担当気象予報士からアドバイス

気象予報士である私たちも雨女・雨男はあると思っています。実は私も結婚する前までは、雨女でした。主催したイベントはすべて雨! そんな最強雨女だったのに、結婚して苗字が変わったら晴れ女になりました。実際に気象予報士は、雨女・雨男だったり、豪雪地帯出身だったり、洪水を経験したことがあったり、自然災害をきっかけに試験を受けようと思った人が多いと思います。
雨女・雨男の方におすすめしたいのが、雨に関するウンチク。例えば、夕立やゲリラ豪雨の前に、何となく雨特有の匂いをかいだ記憶はありませんか? それは「ペトリコール」という物質。植物が土壌に発する油を含んだ粘土で、相対湿度が80%に達したときに、鉄分と反応して雨の匂いを発散させるのだとか。そう言われると、夕立がちょっと待ち遠しくなるような……。

今日だけは降らないで……そんな日こそ本領を発揮

雨に遭遇した時、よく考える気持ちは?

雨女・雨男の“あるある”トップ5をのぞいてみましょう。第1位に輝いたのが、「今日だけは降らないでほしかったのに」(78.0%)でした。ついで、「さっきまで降っていなかったのに」(66.5%)、「やっぱり雨か……いつも雨だなぁ」(61.5%)と悲痛な叫びが続きます。一説によると、雨に苦手意識がある人は、雨の記憶が蓄積されてしまい、大切な日はいつも雨だと感じてしまうのだとか。本当はがっかりして悲しいはずなのに、ここまでくると笑ってしまう雨女・雨男エピソードもご紹介します。
「晴れていたのに、自分が出掛けようとすると雨が降る」(38歳 雨男)
「荷物が多いので傘を置いて行くと雨が降る……」(58歳 雨男)
「初めてハワイに行ったとき滞在中晴れていたのは半日だけ」(65歳 雨男)
「結婚式の半年前から1番雨が降らなさそうな時期に式場契約したのに、当日式場についた途端どしゃぶりの雨。サプライズイベントができなくなってしまった。」(36歳 雨女)
「楽しみにするといつも雨。入学式、卒業式、体育祭、修学旅行、デート……。全部雨です」(25歳 雨女)

気象予報士 渡邉 彩 さん気象予報士 齊藤 愛子さん

Amanekチャンネル担当気象予報士からアドバイス

楽しみにしていた日は、雨より晴れていた方がうれしくなりますよね。雨女・雨男の方は、天気のデータを見ることが晴女・晴男への第一歩かもしれません。日本には四季があるので、それによって晴天率が高い日というのがあります。例えば、晴れの特異日として有名なのが11月3日ですよね。気象予報士という仕事柄、友人にも天気についてよく聞かれるのですが、結婚式場を予約するときは、晴天率をみたらいいよとアドバイスをします。その地方によって晴天率に違いがありますが、関東であれば、11月下旬から1、2月ぐらいまでは、かなり晴天率が高いですよ。どうしても雨に降られたくない時は、予定を立てる時に、晴天率を見るとお天気を味方にできるかもしれません。

大切な日には避けたい!「〇〇すると雨が降る」

あなたの、雨が降るジンクスを教えて下さい。

雨の日を思い出すと、その前についやってしまっていることがあるような……。そこで、雨女・雨男に、雨が降るジンクスを聞いたところ、多くの人が「洗車」をすると雨が降ると答えました。また、「旅行に出かけたら」や「掃除・洗濯をしたら」雨が降ると答えた人も見受けられました。
ちなみに、晴女・晴男にも、晴れるために実践していることを聞いてみると、意外にも寝る前に願掛けをしている人が多いようです。大切な日を晴れにするには、努力が欠かせないのかもしれません。
「寝る前にお願いすると晴れる」(28歳 晴女)
「寝る前に晴れるイメージをすると晴れる」(23歳 晴男)
「普段から善い行いをすると晴れる」(45歳 晴女)

気象予報士 渡邉 彩 さん気象予報士 齊藤 愛子さん

Amanekチャンネル担当気象予報士からアドバイス

確かに、あまりにもジンクス通りに雨が降ると気になりますよね。天気が気になる時は、tenki.jpに10日間予報が出ているので、頻繁にチェックすることをおすすめします。気象庁が出している週間予報には、予報の確度が高い順にA、B、Cの信頼度が付いています。Cだと予報がのちのち変わる可能性がかなり高いとされています。Aであれば、ほぼ変わらないと思っていいでしょう。
ジンクスに頼るのではなく、10日間予報や気象庁の信頼度まで見ると、外出時や洗車後に雨に降られる可能性は低くなると思いますよ。

持っていると雨が降らない!? 折りたたみ傘の携帯率は?

あなたは普段、折り畳み傘を持ち歩いていますか?

最近の夏は、雨女・雨男でなくてもゲリラ豪雨が心配です。雨に敏感な雨女・雨男でも「毎日折りたたみ傘を持ち歩いている人」は25.0%と3割未満。ゲリラ豪雨は予報をすることが難しく、晴れていたのに突然降り出すことが多いので、折りたたみ傘を持っていれば安心です。

気象予報士 渡邉 彩 さん気象予報士 齊藤 愛子さん

Amanekチャンネル担当気象予報士からアドバイス

実は、気象協会の職員は、折りたたみ傘を毎日持ち歩いている人が多いんです。というのも、突然の雨でずぶ濡れになって営業先に行くのは、職業柄ちょっと恥ずかしいですよね。
それぐらい「ゲリラ豪雨」は予報が難しいのです。夏になり気温が高くなると大気の状態が不安定になります。地表面での気温が高くなって、上空との気温差ができると、空気が対流して上昇気流を生み出します。すると積乱雲ができて、ゲリラ豪雨が起きるというのが仕組みです。台風のように大きい現象や低気圧や前線のような長い時間続く現象は、技術も発達して予測しやすいのですが、ゲリラ豪雨は本当に一瞬の現象です。しかも起こる範囲も200〜500メートルぐらいで、バス停がひとつ分のスケール。最新のレーダーだと、250メートルメッシュで雨を捉え、できるだけ早く情報をキャッチすることができようになりましたが予報は直前になってしまうのが現状です。
新放送サービス「i-dio」(アイディオ)のチャンネルの1つ「Amanek」を放送している、「Amanek tenki.jpスタジオ」は、日本気象協会内にあります。なかでも「Amanekモニター」は現在の雨雲の様子、風向きなどと道路交通情報を重ねて見ることができるので、雨雲がかかっている場所にいる人や、天気が急変している地域に向かう人に注意を促すなど、その瞬間に必要な情報を伝えることができます。まさに、ドライバーを空から見守っている感じですね。

思い出はいつだって美しい……雨の日もまたしかり

雨でも楽しめた外出時の思い出を教えて

思い出のメカニズムとして、いやな記憶には制御がかかり、楽しい記憶は思い出すことによって快感が得られるため、より美化されがちだと言います。雨の日だって、楽しい思い出に変わりはありません。

気象予報士 渡邉 彩 さん気象予報士 齊藤 愛子さん

Amanekチャンネル担当気象予報士からアドバイス

雨女・雨男を気にしているのであれば、臨機応変に出かける場所を変えられるように考えておくのも一つの手ですね。海に行く予定だったのであれば、水族館にしてみるとか、星空が見られなければ、プラネタリウムで代用するとか。予定が変更になっても、楽しい思い出はいくらでも作れます。
お出かけ日の天気は是非チェックをして欲しいのですが、夏から秋の天気で一番のキモになってくるのが「台風」です。台風は進むコースによって天気が大きく変わってきます。夏の台風の特徴は、台風を流す力が弱いので、迷走することです。停滞したり、沖縄の周辺をぐるっと1周したり、本当に進路が予想できないことが多いですね。逆に9月の台風は偏西風が強いので、速いスピードでさーっと行ってしまいます。夏の台風は雨に注意が必要で、秋の台風は風に注意が必要と言われているのはそのためです。台風のシーズンを迎えたら、こまめに台風の情報をチェックしてください。
「Amanek」では天気の情報だけでなく、道路情報も分かるので渋滞を回避できたり、さらに地域のスポット情報も手に入れられるので、デートやお出かけ時に臨機応変に対応できます。雨の日も晴れの日も便利な情報をお届けしているので、是非一度使ってみてくださいね!

「Amanek」は、15分先の天候やドライブ情報をお届け!

新放送サービス「i-dio」(アイディオ)のチャンネルの1つである「Amanekチャンネル」は、放送と通信、位置情報(GPS)とビッグデータを融合した、日本初のモビリティ向け専用デジタルラジオチャンネル。広くあまねく、全国を走るドライバーための音声とデータを提供します。

ドライブを快適にする音楽はもちろん、近年多発している気象のリスクを避け、減災につながるおよそ15分先の気象情報や、車の走行位置に応じた交通情報を、スタジオにいるナビゲーターの肉声や、自動音声(TTS)などを駆使してお伝えします。

Amanek channel

Amanekチャンネルアプリとは

「Amanekチャンネルアプリ」は、Amanekチャンネルのストリーミング放送を聴取できるだけでなく、i-dioの特徴であるIPDC(IPデータキャスト)を使い、クルマの走行位置に合わせたピンポイント天気予報やドライブスポット情報を再生できるほか、流れてくる曲名やコンサートチケット情報などをワンタッチでブックマーク、そのまま情報提供サイトにリンクできます。
また、ボリューム調整やブックマークの操作は、ノールック(画面を見ない)でも操作可能なインタフェースとし、今までにないカーラジオの体験をデザインしたドライバーのために開発されたアプリです。

メイン画面、聴取中画面、クリップ画面、情報サイトへリンク

i-dio車載対応TunerBox

i-dio車載対応TunerBoxは、車載環境を考慮して開発されたi-dio放送受信専用チューナーです。専用のフィルムアンテナをクルマのフロントガラスに貼る事で、高感度な受信を実現します。
車内では、このTunerBoxと「Amanekチャンネルアプリ」をWi-Fi接続し、スマートフォンと車載オーディオシステムとをBluetoothでリンクする事で、「Amanekチャンネル」だけでなくi-dioのチャンネルが聴取できます。

<未来のラジオ開発メンバー登録キャンペーンを実施中!>
Amanekチャンネルでは、i-dio車載用TunerBox購入者を対象に、実際の『Amanek開発会議』への参加を呼びかけるキャンペーンを展開しています。リスナーとの距離が近い「ラジオ」の良さを活かし、サービス開発やプロセスをオープンに議論して、利用者の意見をもとにサービスを磨き続ける活動です。未来の放送サービスの開発現場が気になるあなたは、ぜひチェックしてみてください。

i-dio車載対応TunerBox

i-dioとは?

新放送サービス「i-dio」は、アナログテレビの放送が終了した後のVHF-Low帯(99MHz~108MHz)の電波を使ったデジタル放送(V-Lowマルチメディア放送)。
高音質なデジタルラジオを主軸とした、既存のテレビでもラジオでもない、全く新しい
“第3の放送”です。

「i-dio」は、映像・音響・データなど、デジタルデータなら何でも送ることが可能です。また放送波で送信するため、通信とは異なり、輻輳もなく、不特定多数に情報を送ることができます。好きなときにコンテンツを楽しむことが出来る、蓄積型放送も予定しています。

ページトップへ