Base Ball Bearのこだわりは、音の立体感。高音質のi-dioで音楽を聴く楽しさを味わってほしい。Base Ball Bear 小出 祐介さん(Vo&G)

Base Ball Bearの小出祐介さんが語る、新放送サービス「i-dio」(アイディオ)の魅力。そして、メンバーの音楽の音へのこだわりとは?

新放送サービス「i-dio」の人気チャンネル「TS ONE」。デジタル地上波最高音質の音楽やニュース・カルチャーを発信しているフラッグシップ・チャンネルです。そこで今回は、「TS ONE」の番組『PREMIUM ONE』に、岡村靖幸さんとツインDJで出演中のBase Ball Bearのヴォーカル&ギター、小出祐介さんに、i-dioの高音質の魅力についてお話を伺いました。

PREMIUM ONE

レア盤から雑味あふれるトークまで。
“いい曲が流れるなぁと聴いていたら、僕らのおしゃべりも面白かった” そんな番組を岡村靖幸さんと作りたい

TS ONE

小出さんと岡村靖幸さんが出演されている『PREMIUM ONE』はどのような番組ですか?

小出
僕と岡村靖幸さんで、シンプルに雑談している感じですね。お互いに持ち寄った曲をかけて、選曲について話し合ったり、そこから派生した話をしています。
僕は邦楽でも、割とレア盤を自宅から持参してかけています。最近では、鹿賀丈史さんのアルバム曲でしょうか。これはラジオでは絶対かからないでしょうね。

最近では新コーナーも始まっています。急に岡村さんがコーナーをやりたいと言い出して……。岡村さんが番組内でプレゼンして、僕が内容を聞いておもしろいと思ったものを採用する流れです。
岡村さんの企画プレゼン大喜利もだんだん集約されてきていて、そのひとつが「盲信通信」です。岡村さんが「これって盲信じゃないか」って思っていることが本当なのか、それとも盲信なのかを専門家の方に電話して聞くコーナーです。岡村さんの疑問がおもしろい角度で、プレミアムな雑談になっています。

岡村靖幸さんといっしょに番組を始めてみていかがですか?

小出
岡村さんって自分のライブでも一切MCをしないんです。だから岡村さんがレギュラーでしゃべっているのを聴けるのは、レアだと思います。僕自身もご一緒できてすごく光栄です。ただ基本的には自分のことはしゃべりたがらないですね。やたら人には質問したがる、質問魔なんですが(笑)。

番組を聞いていて、二人の仲の良さを感じます。

小出
岡村さん、最近すごく友達が多いらしいんです。ただ、僕とOKAMOTO'Sのドラムのオカモトレイジは、岡村さん的にニュートラルに付き合えるって言ってくれました。僕らも岡村さんに対してあんまり構えてないからかな(笑)。
番組イメージ

番組作りに関して、二人で話すことはありますか?

小出
全然話してないですね。でも、岡村さんって連絡魔でもあるので、LINEのやり取りはよくします。
(岡村さんから)「僕、今これを見ておもしろいと思ったんですけど、次の収録のときに話したいんで、意見聞かせてください」って言われたり。とにかく岡村さんはLINEのスタンプをたくさん使います。

小出さんはFMラジオにもよくご出演されていますが、
『PREMIUM ONE』と、いままでのラジオ番組との違いはありますか?

小出
一つは高音質であるということ。あとは、いろんな角度からの音楽についての話でプログラムが回るっていうのはいいなと思いますね。最近はラジオでも純粋に音楽で進行する番組が少ないので。
ただ僕たちの番組は、かなり雑味が多いかもしれない。高音質で音楽をかけるっていうのを言い訳に、おしゃべりしてるっていうのはありますね。この雑味が魅力になったらいいなと思います。
「TS PLAY」アプリを使って受信すると、放送にプラスして、その楽曲の情報がデータで確認できるっていうのは強いと思います。「この曲いいな」と思っても調べるまでに至らなかったりすることも多いので、すぐに情報が出るというのは便利ですね。

今後の番組への抱負は。

小出
今は岡村さんのファンや番組のファンが中心に聴いてくれていると思うのですが、i-dioでいい曲がかかっていたから聴いていたら、2人の話がおもしろかったとか、そういうふうに入ってくれるようになればいいなと思います。放送エリアが広がったり、インターネット受信モードができたことで、i-dioというメディアを知る方が増えるといいですね。

Base Ball Bear

生演奏にこだわり、立体感のあるサウンドを作りたい。
結成15周年のBase Ball Bearのこれからは?

Base Ball Bearのイメージ

Base Ball Bearの、“音”へのこだわりは?

小出
同世代のバンドの中でいうと、僕らは音の立体感に結構こだわっています。例えば、昔の名曲をCDで聴くと、レコードだった時の音のニュアンスが変わってしまっています。意外とレベルが小さいなとか、ぺたっとしているな思っていた曲も、レコードで聴くと「何、この立体感!」と感じることが多くあります。5、6年前に、ずっと好きだったXTCというバンドのアルバムをレコードで聴いてみたら、粒立ちがCDとは全然違っていて、「俺、めっちゃ損してた」と思ったぐらいです。それで前作で初めてアナログ化を試みてみました。
近年のバンド音楽やポップスは、パッと聞きで「音圧があるもの」が求められがちです。これは、音が圧縮されている分、潰して強くしているので、音がいいわけではありません。
僕たちは生演奏にこだわっているので、ギターの弦が震えて音が出ている感じや太鼓の皮にスティックが当たって打撃音が出ている様を感じられるようなサウンド作りを心がけています。
Base Ball Bearのイメージ
Base Ball Bear

そのこだわりは、結成当初からですか?

小出
年々強くなってきたと感じます。最近、どの音楽を聴いても耳触りが同じなんですよね。人間味の部分というか、雑味がどんどん削がれていって、編集されたものにしか聞こえなくなってきているというか。そういう意味で、僕たちはもうちょっと人間的でありたいと思っています。

Base Ball Bearの中で変わっていかないものは何だと思いますか?

小出
停滞しないことでしょうか。1回やったら飽きるっていうのが常で。これはよかったから次もやろうというものは、ほとんどありません。停滞しなかったっていうのは、変わっていかないことの証明になるんじゃないかなと思います。結成15周年というタイミングで、今をどう乗り切るかが、これからの10年、15年につながっていくと思っています。
9月には3人体制になってから初のベスト盤とライブDVDが発売になります。ベスト盤は、サポートで弾いてもらっている元NUMBER GIRLの田渕ひさ子さんを迎えて、過去の曲をリテイクしました。ライブDVDは、東京で開催したワンマンのもので、いろいろなギタリストが出てくれた、あまりないタイプのライブです。見ていただけれたら、うれしいです。
増補改訂完全版「バンドBのベスト」
増補改訂完全版「バンドBのベスト」
2016年9月28日発売
[初回限定盤] 2CD+DVD \3,800+税 / UPCH-29227
[通常盤] 2CDのみ ¥3,000+税 / UPCH-20428/9
日比谷ノンフィクションⅤ~LIVE BY THE C2~
日比谷ノンフィクションⅤ~LIVE BY THE C2~
2016年9月28日発売
[DVD] \4,611 +税 / UPBH-20168/9
[Blu-ray] \5,537 +税 / UPXH-20044

Future

i-dioでかけるべき音楽、
これから番組でしてみたいこととは?

今後i-dioでどんな音楽をかけていくべきだと思いますか?

小出
マスタリング前の音源もおもしろいですね。ファイナルミックスで流すとか。高音質で音楽を聞く楽しさがわかるものを流してほしいです。音の違いがわかる番組ができたらいいですね。

TS ONEとは

新放送サービス「i-dio」で放送中の、デジタル地上波最高音質の音楽やニュース・カルチャーを発信するフラッグシップ高音質音声チャンネルです(提供:TOKYO SMARTCAST株式会社)。現在はAAC形式/320kbpsで放送し、2017年にはHDS(High Definition Sound)「96kHz」音源にも対応予定です。
「TS ONE」を快適にお楽しみいただける専用受信アプリ「TS PLAY」を使えば、Now On Air機能で楽曲レビューとともに楽曲情報が連動して表示され、購入も簡単に行えます。「TS PLAY」アプリには、i-dioの放送を対応機器で受信するほか、お手持ちのスマートフォンだけでインターネット経由で番組をお楽しみいただける「インターネット受信モード」も搭載されています。

「PREMIUM ONE」とは

「TS ONE」の代表番組の一つ。ミュージシャンや音楽ライターなど、音楽を知り尽くした一級のDJがお届けする音楽レコメンデーション・プログラム。
出演:小林克也、小沼ようすけ、宮本笑里、溝口肇、岡村靖幸&小出祐介、金澤寿和

小出 祐介 さんのプロフィール

小出祐介さん
1984年12月生まれ。東京都出身。
ロックバンドBase Ball Bearのリーダーで、ボーカル&ギターと全楽曲の作詞作曲を手掛ける。ギターロック/ニューウェイヴのテイストを独自に昇華したバンドサウンドとポップなメロディ、そして作品性に優れた青春感に溢れた歌詞などが人気を集め、2006年4月にミニアルバム『GIRL FRIEND』でメジャーデビュー。2012年には二度目の日本武道館公演を行う。2016年3月からは、6th FULL AL『C2』を引っ提げて行った、Tour「LIVE BY THE C2」を成功させる。現在、NOTTV・フジテレビオンデマンドで放送中の「ホウドウキョク24」にて「真夜中のニャーゴ」の月曜パーソナリティーを担当。また、「i-dio」の高音質音楽チャンネル「TS ONE」にて岡村靖幸と小出祐介によるレギュラー・プログラム「PREMIUM ONE」も担当している。
2016年、バンド結成15周年&デビュー10周年を迎えたBase Ball Bear。リニューアル版ベストアルバム「増補改訂完全版『バンドBのベスト』」と、ライブ映像作品「日比谷ノンフィクションⅤ~LIVE BY THE C2~」を9月28日(水)リリース決定!
http://www.baseballbear.com

ページトップへ