意外な場所にあった!Amanekチャンネルのスタジオへ潜入!ドライブのための天気予報からミュージックまで、クルマをもっと楽しむためのAmanek(アマネク)チャンネルはこのスタジオで生まれる。Amanekナビゲーター 中西 希さん、Amanekナビゲーター シンガーソングライター せりかなさん

新放送サービスi-dio(アイディオ)で、ピンポイントな天気予報、高音質なドライブミュージックや地域情報など、日本初のドライバー向け専門チャンネルを放送しているAmanek(アマネク)チャンネル。その放送が生み出されているスタジオは、実は日本気象協会の中にあります。

ドライブ中のゲリラ豪雨、突風でヒヤリとした経験がある方も多いのでは?
もっと早く天気が分かっていれば……
そんなドライバーの想いに応えるのが、Amanekチャンネルです。
今までのカーラジオの常識を超えて、走行中のエリアをGPSで判定し、その場所にあわせたリアルタイムの情報を、個々の端末に向けてテキスト読み上げで届けるサービスを提供します。
ドライバーが必要とする、気象・交通・観光・ソーシャルメディアのビッグデータを1つの画面に表示する「Amanekモニター」を中央に据えて、ドライバーを空から見守るように放送をお届けしている「Amanek tenki.jpスタジオ」に潜入取材しました。
(※Amanek tenki.jpスタジオは非公開スタジオです。一般観覧は受付ておりません。)

Studio

日本気象協会の中に
Amanek tenki.jp スタジオが
ある理由とは?

Amanek tenki.jpスタジオへようこそ!
「Amanek tenki.jpスタジオ」(以下Amanekスタジオ)は、気象に関するあらゆる情報が集まる、日本気象協会内の某所にあります。受付で出迎えてくれたのは、日本気象協会の「じぇいわ君」。いつもお天気が気になる男の子です(顔に出ちゃってますね)。じぇいわ君、どうやらAmanekスタジオがどこにあるのか、ご存知のようで…ついていくと、スタジオに到着しました。
スタジオには、Amanekチャンネルで金曜日(2016年7月時点)にナビゲーターを務める、せりかなさんと中西 希さんがいらっしゃいました。
これがAmanekモニターです

真っ先に目に入るのが、この大きなモニターです。どのように使うのですか?

中西
ドライブする上で重要になってくるのが、雨の様子です。このモニターでは、雨雲の今の様子などと、道路情報を重ねて見ることができます。例えば、大阪のこの高速道路の周辺でとても強い雨雲がかかっています、というような情報をすぐにお伝えすることも可能です。さらに、風が強まっている場所も一目で分かるようになっています。まさに空からドライバーの皆さんを見守っている感じです。
Amanekモニターについて

そういった情報は、どのくらい迅速に放送に反映されるのですか?

中西
気象レーダーは5分ごとに更新されるので、天気が急変する直前には、情報を伝えることができます。明日の予想気温なども17時に発表されるので、夕方の生放送が始まると同時にチェックして、放送の中でお伝えしています。

テレビの天気予報とAmanekチャンネルの天気予報の違いは何ですか?

中西
Amanekでは、常にリアルタイムの情報をお届けしているということですね。今、運転している人のための放送なので、雨雲がかかっている場所にいる人や、天気が急変している地域に向かう人に注意を促すなど、その瞬間に必要な情報を伝えられます。
さらに、専用の受信用スマホアプリ「Amanekチャンネルアプリ」では、GPSを利用してドライバーが走行している場所を特定して、1人1人にあわせた情報をTTS(※)でお伝えしています。
※TTS=Text To Speech(音声自動読み上げ)の略。Amanekチャンネルではテキストで複数のパターンの原稿を放送波で送り、端末が必要な原稿を自動選択してアプリが読み上げを行い、ドライバーに伝える機能が実装されている。
Amanekチャンネルと天気予報の違いって?

ドライバー向け放送局として、情報を伝えるために気をつけていることは?

中西
雨の日だったら、視界が悪くなったり、道路が滑りやすくなったりすることを常に想定しながら、今、何をドライバーの皆さんに伝えるべきかを意識しています。
雨の日以外では、紫外線や風の情報にも注意を払っています。運転中に夕日が眩しかったり、風が強くてハンドルが取られてしまうのはとても危険なのです。

そういった情報をお届けするのに、スタジオが日本気象協会の中にあるのは心強いですね。

中西
そうなんです。Amanekチャンネルではテレビで見慣れた市町村単位の天気予報ではなく、日本全国を細かいメッシュ状に区切って、ドライバーの皆さんにきめの細かい情報をお伝えしています。さらにこのメッシュ情報には、気象以外にも様々な情報が追加されていきます。このサービスが実現できるのも、日本気象協会をはじめとする様々な企業のご協力があってこそです。

Channel

ドライブミュージックも
地域情報も楽しめる番組に

選曲の様子

Amanekチャンネルは、ドライブソングに特化した選曲もポイントですね。
ミュージシャンのせりかなさんにとって、運転するときにぴったりだなと思うのはどんな音楽ですか?

せりかな
時間帯によって選曲は変えていますが、私たちがこのあと(この取材は昼過ぎに行いました)放送する【17時から19時】は、家に帰る方の多い通勤時間帯ですね。そういう時間は、個人的には落ち着いた曲が好きです。ノリノリのJ-POPよりは、洋楽のゆったりしたものとか、おしゃれなロックとかが、夕日に合いそうでぴったりですね。逆に朝は、気分を盛り立ててくれるポップな曲がいいなと思います。

中西さんは、アナウンスから音楽のDJまで関わるAmanekチャンネルの担当になって、いかがですか?

中西
私は今まで、ほとんど洋楽を知らなかったんです。放送を始めて洋楽に触れる機会が増えて、自分のクルマの中でも聴くようになりました。せりかなさんの曲もよく聴きます(編注:せりかなさんはミュージシャンです)。
この番組を始めて思ったのは、音楽って自分から興味を持って聴けば聴くほど深いし、いいなと思うものも広がっていくということですね。Amanekチャンネルは豊富なライブラリからプロが選曲してお届けしているので、運転中も飽きずに新しい曲に出会ったり、古い曲を再発見したりできますね。
せりかな
私の曲もぜひ。
中西さん、せりかなさん対話の様子

今後、番組の中でやってみたいことはありますか?

せりかな
道の駅やサービスエリアがとっても好きなので、そういったところから中継してみたいですね。おいしいものを食べながら、ドライバーの近くで放送したい!
中西
いいですね!Amanekチャンネルアプリでは観光情報もデータ放送で提供されるので、道の駅の名物など、さらに多くの情報を見たり、聴いたりできる番組にしたいなと思います。
せりかな
この間、北海道のいかせんをマイクの前で食べたのですが、パリパリって音がして、「めっちゃおいしい」感じがラジオでも伝わったかなと。そこから、週末ドライブへ出かけてみようという気持ちを呼び起こしてもらえるような、お出かけを促す、楽しいチャンネルにしていきたいですね。

How to Listen

こんなに小さい!
車載対応TunerBoxを
取り付けてみよう

このAmanekチャンネルを聴くためには、どのようなものが必要ですか?

せりかな
まずは、スマートフォンに「Amanekチャンネルアプリ」をダウンロードしてください。
受信方法は、i-dioの放送を、スマホに無線接続した対応チューナーで受信する「i-dio放送受信モード」と、インターネット経由で受信する「インターネット受信モード」があります。どちらも無料で、同じデジタル高音質で番組をお楽しみいただけますが、「インターネット受信モード」はネットに接続するので、パケット代がかかります。
まずは機器の準備が必要ない「インターネット受信モード」でお試しいただきたいのですが、クルマの中で聴くには、「i-dio放送受信モード」で受信するための、専用チューナーをご用意いただくことをおすすめします!

チューナーはどのようなものを用意すれば良いのでしょうか?

車載対応TunerBox
せりかな
これが、発表されたばかり(2016年7月)の「i-dio 車載対応TunerBox」です!
これをクルマに取り付けて、フロントガラスに透明なフィルムアンテナを貼り付けると、安定してi-dioの高音質放送とデータ放送を受信することができます!
あとはこのTunerBoxとお手持ちのスマホをWi-Fiで接続して、スマホからカーナビにUSBやBluetoothで音声を飛ばせば、すでにお持ちのクルマのカーナビで、Amanekチャンネルのサウンドをお楽しみいただくことができます。
Amanekチャンネルの使用方法
Amanek channel

Amanekチャンネルアプリとは

「Amanekチャンネルアプリ」は、Amanekチャンネルのストリーミング放送を聴取できるだけでなく、i-dioの特徴であるIPDC(IPデータキャスト)を使い、クルマの走行位置に合わせたピンポイント天気予報やドライブスポット情報を再生できるほか、流れてくる曲名やコンサートチケット情報などをワンタッチでブックマーク、そのまま情報提供サイトにリンクできます。
また、ボリューム調整やブックマークの操作は、ノールック(画面を見ない)でも操作可能なインタフェースとし、今までにないカーラジオの体験をデザインしたドライバーのために開発されたアプリです。

メイン画面、聴取中画面、クリップ画面、情報サイトへリンク

i-dio車載対応TunerBox

i-dio車載対応TunerBoxは、車載環境を考慮して開発されたi-dio放送受信専用チューナーです。専用のフィルムアンテナをクルマのフロントガラスに貼る事で、高感度な受信を実現します。
車内では、このTunerBoxと「Amanekチャンネルアプリ」をWi-Fi接続し、スマートフォンと車載オーディオシステムとをBluetoothでリンクする事で、「Amanekチャンネル」だけでなくi-dioのチャンネルが聴取できます。

<未来のラジオ開発メンバー登録キャンペーンを実施中!>
Amanekチャンネルでは、i-dio車載用TunerBox購入者を対象に、実際の『Amanek開発会議』への参加を呼びかけるキャンペーンを展開しています。リスナーとの距離が近い「ラジオ」の良さを活かし、サービス開発やプロセスをオープンに議論して、利用者の意見をもとにサービスを磨き続ける活動です。未来の放送サービスの開発現場が気になるあなたは、ぜひチェックしてみてください。

i-dio車載対応TunerBox

中西 希 さん のプロフィール

中西希さん
Amanekナビゲーター/フリーアナウンサー。栄養士、アスリートフードマイスター3級の資格を持っている。ただいま、気象予報士になるべく勉強中!Amanekチャンネルでは、17:00~19:00の生放送番組「Amanekサンセット」火曜日・金曜日を担当(2016年7月時点)。

せりかな さん のプロフィール

せりかなさん
青海色ギターがトレードマークのシンガーソングライター/アコギガール兼Amanekナビゲーター。キュートでキャッチーなポップスを歌う。筑波大学人間学類を卒業後、会社員を経て、2013年夏より音楽活動を始めるという異例の経歴を持つ。Amanekチャンネルでは、「Amanekサンセット」金曜日を担当。

i-dioとは?

新放送サービス「i-dio」は、アナログテレビの放送が終了した後のVHF-Low帯(99MHz~108MHz)の電波を使ったデジタル放送(V-Lowマルチメディア放送)。
高音質なデジタルラジオを主軸とした、既存のテレビでもラジオでもない、全く新しい“第3の放送”です。

「i-dio」は、映像・音響・データなど、デジタルデータなら何でも送ることが可能です。また放送波で送信するため、通信とは異なり、輻輳もなく、不特定多数に情報を送ることができます。好きなときにコンテンツを楽しむことが出来る、蓄積型放送も予定しています。

ページトップへ