i-dio

FAQ よくあるご質問

i-dioの受信や受信機器、放送内容についてよくいただくご質問を掲載しています。

困ったときは

【Android】TS PLAYアプリの使用方法を教えてください
【TS PLAY】アプリとは、TS ONE(TOKYO SMARTCAST株式会社)をより楽しむことができる受信アプリです。TS PLAYは最新版をご利用ください。なお、TS ONEはこれまでのi-dioアプリでもご視聴いただけますが、一部機能に制限があります。

20160818-btn_googleplay_head.png
※TS PLAYは最新版をご利用ください。

こちらでは、Android版のTS PLAYアプリの基本的な操作手順をご説明いたします。 なお、Android版TS PLAYアプリはAndroid4.3以降に対応しています。あらかじめご了承ください。

<ご確認ください!>
・TS PLAYアプリは、Android4.3以上のスマートフォン端末が対象となっておりますが、この要件を満たしているものでも、現在一部非対応の機種がございます。これらの端末は、近日随時対応してまいりますので、それまではi-dioアプリでのご視聴をお願いいたします。

 【現在の非対応機種】※Android4.3以上のスマートフォン
 FLEAZ POP (CP-L42A)/FLEAZ NEO/
 BLADE Q+/UPQ Phone A01/Priori 3 LTE/
 UPQ Phone A01X/GM-01A/DIGNO U/S301/
 Ascend G6 L22ほか

・アプリのインストール後は、必ずスマートフォン端末の再起動をお願いいたします。
・TS PLAYアプリの「インターネット受信モード」は、動画並みの大きなデータをやり取りします。理論最大値では1時間あたり約300MBとなりますので、ご自宅のWi-Fi環境などでのご利用をお勧めします。


※i-dio Wi-Fiチューナーでの、より良い受信のためのテクニックはこちらをご覧ください

<まずはじめに>
Wi-Fiチューナーを十分充電し、電波状態の良い場所(窓際など)でこの作業を開始して下さい。Wi-Fiチューナーを電波状態の良い場所において、離れた場所のスマートフォンで受信できます(条件が良ければ7m程度離れても受信できます)。
充電中でも接続・利用は可能ですが、受信状態を最適にするため、充電ケーブルを外した状態で接続を行うことをお勧めします。

<1.チューナーの起動時操作>
i-dio Wi-FiチューナーをAndroid端末でご使用いただく場合は、電源ボタンは「ポン」とごく短い時間、一度だけ押してください。3秒以上長押しすると、iOS端末で使用するWi-Fi APモードとなりますのでご注意ください。
20160301-sandroid_01.jpg
LEDが緑色に常時点灯します

<2.チューナー選択時の操作>
i-dio Wi-FiチューナーとAndroid端末をお繋ぎいただく際は、上記<1>の動作の後、TS PLAYアプリを起動してください。
最初にアプリの画面上でチューナーを選択します。上部に「Wi-Fi Direct」と「Wi-Fi AP」の2つのタブがありますが、Android端末での接続の場合は、「Wi-Fi Direct」のタブになっているかをご確認ください。その上で、「V-low」で始まるアクセスポイントをお選びください。
20160628-ts-a18.jpg
なおこの場合、SSIDやKEYの入力の必要はございません。

<3.初回の設定からご視聴開始まで>
まずは「プライバシーポリシーと利用規約」に同意していただきます。規約を最後までスクロールしないと、同意ボタンは押せませんのでご注意ください。
null
null

次に初期設定を行います。必要事項をご記入ください。
null
null

チャンネルスキャン後、放送を受信します。音声再生が先に始まり、番組情報や楽曲情報はデータの読み込みが完了次第、表示されます。
null

最初は番組情報画面が表示されます。画面左側の矢印をタップすると、楽曲情報画面に変わります。
null

null

番組表画面では、現在放送中の番組や、この後の番組をご覧いただけます。
null

楽曲情報画面では、オンエア中の楽曲の情報を閲覧できます。
null

null

null

クリップリストでは、クリップした楽曲情報を閲覧することができます。ここから楽曲購入やTwitter/facebookへのシェアなども可能です。
null

null

アプリ画面左上の「Ch.」ボタンをタップすると、チャンネルを切り替えることができます。(地域によって一部のチャンネルが異なります)
null

アプリ画面右上の歯車アイコンをタップすると、各種設定のメニューが開きます。電波の受信状況や、i-dio Wi-Fiチューナーのバッテリー残量をメニュー内でご確認いただけます。
null

受信モードの切り替えは、「機能設定」>「受信モード設定」で行います。インターネット受信モードでは動画並みの大きなデータをやり取りします。理論最大値では1時間あたり約300MBとなりますので、ご自宅のWi-Fi環境などでのご利用をお勧めします。なお、受信モードの切り替えは、アプリの再起動後に反映されます。モード切り替え後、一旦アプリをバックグラウンドからも終了させてからご利用ください。
null

null

<4.視聴の停止>
視聴を停止するには、「Ch.」ボタン横のデータ受信停止ボタンを押します。
null

※i-dioを受信するアプリケーション(i-dioアプリ、TS PLAYアプリ、Amanekチャンネルアプリ)は、必ず単体で起動してください。他のアプリを起動している場合、バックグラウンドからも終了させてから受信アプリを起動してください。

ご質問は解決しましたか?

解決されない場合は、以下からメールにてお問い合わせください。

お問い合わせメールフォーム

メールでのお問い合わせで問題が解決されない場合等、
お電話でのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

i-dio総合コールセンター ナビダイヤル(年中無休 10時~18時)0570-04-1610(2016年3月1日より開設)

ページトップへ