i-dio

FAQ よくあるご質問

i-dioの受信や受信機器、放送内容についてよくいただくご質問を掲載しています。

受信アプリについて

【iOS】i-dio Wi-Fiチューナーとi-dioアプリの接続の手順
こちらでは、iOS(iPhone/iPadなど)版のi-dioアプリと、i-dio Wi-Fiチューナーの接続手順をご説明いたします。
なおiOS版のi-dioアプリをインストールしていただけるのは、iOS8以降となります。あらかじめご了承ください。

<ご確認ください!>
・i-dioアプリは、最新のバージョンをご利用ください。
・アプリのインストール後は、必ずiPhone/iPad端末の再起動をお願いいたします。
・i-dioアプリの「インターネット受信モード」は、動画並みの大きなデータをやり取りします。
 理論最大値では1時間あたり約300MBとなりますので、ご自宅のWi-Fi環境などでのご利用をお勧めします。


※i-dio Wi-Fiチューナーでの、より良い受信のためのテクニックはこちらをご覧ください

<iOS10以降でi-dioアプリをご利用の方へ>

iOS10以降で、iOS版i-dioアプリをご利用の際

・i-dio放送受信モードで、チューナーを接続せずにアプリを起動した場合
・インターネット受信モードから i-dio放送受信モードに変更した場合

チューナーとの接続をうながすダイアログが表示されます。しかしiOS10から一部仕様が変わり、ダイアログの「Wi-Fi設定」をタップしても、直接Wi-Fi設定画面に移動できなくなりました。よって、iOS10でi-dioアプリをご利用の際、途中でi-dio放送受信モードに切り替える場合は、いったんホーム画面に戻り、「設定」>「Wi-Fi」と進んで、iOS端末とチューナーと接続してください。

20160914-idio-ios1609b.jpg

また、位置情報サービスがオフ、もしくは許可されていない状態でi-dioアプリをインターネット受信モードに設定した場合には
位置情報の設定をうながすダイアログが表示されます。この場合も、ダイアログの「設定する」をタップしても、直接設定画面に移動できなくなっておりますので、この場合もいったんホーム画面に戻り、「設定」>「プライバシー」>「位置情報サービス」と進み、

・位置情報サービスがon
・i-dioが「常に許可」されている(※「使用中のみ許可」ですと設定できません)

状態に設定してください。


<まずはじめに>
Wi-Fiチューナーを十分充電し、電波状態の良い場所(窓際など)でこの作業を開始して下さい。Wi-Fiチューナーを電波状態の良い場所において、そこから離れて受信をすることが可能です(目安として7m程度離れた場所でも受信できます)。充電中でも接続・利用は可能ですが、受信状態を最適にするため、充電ケーブルを外した状態で接続を行うことをお勧めします。

<1.チューナーの起動時操作>
i-dio Wi-FiチューナーをiOS端末でご使用いただく場合は、電源ボタンは3秒以上長押ししていただく形となります。短く押すと、Android端末で使用するWi-Fi Directモードとなりますのでご注意ください。
20160302-ios_00.jpg
LEDが緑色に点滅します

<2.端末のWi-Fi設定>
iOS端末の「設定」>「Wi-Fi」と進みます。
20160302-ios_01.jpg
20160302-ios_02.jpg

「ネットワークを選択」から、「V-Low0000****」のアクセスポイントを選択します。
20160302-ios_03.jpg

「パスワード入力」で「76543210」を入力し、「接続」を押します。
20160302-ios_04.jpg

20161019-ios20161019.jpg

<3.初回は初期設定とチャンネルスキャンを行います>
まずは初期設定を行います。必要事項をご記入ください。
20160621-2016062101.jpg

ご記入いただきながら画面をスクロールしていくと、最後に規約同意のチェックがあります。「プライバシーポリシーおよび利用規約に同意する」にチェックした上で、最下部の「設定を登録して利用を開始」の青い部分を押してください。
20160621-2016062102.jpg

チャンネルスキャン後、チャンネル選択画面が表示されました。
null

電波状態の悪い環境でチャンネルスキャンを行うと、実際よりも少ないチャンネル数しか表示されないことがあります。その場合は、設定画面(画面左上の三本線アイコンを押すか、アプリ画面を左から右にスワイプするとメニューが出てきます)から「再検索」を行ってください。また、まったく受信できない場合、設定画面にある「番組の受信地域」設定が正しく行われていることを確認してください。お客様が受信している地域以外に設定をすると、受信が正常に行えません。
20160302-sandroid_03f.jpg

<4.受信が始まります>
20160621-2016062103.jpg
コンテンツの受信には、少し時間がかかる場合があります。
「Now Tuning...」の状態から先に進まない場合は、充分な強度で電波を受信できていない可能性があります。チューナーの位置やアンテナの方向などをご確認ください。

20160621-2016062104.jpg
「Data Receiving...」の表示に変わると、番組データを受信しています。
プログレスバーが表示されている場合も同様です。

<5.受信開始後の操作>
・画面左上の三本線アイコンをタップするか、アプリ画面を左から右にスワイプするとメニューを呼び出せます。
・受信モード表示アイコンをタップすると、ボリューム調整バーや、受信状態/i-dio Wi-Fiチューナーの電池残量の確認表示が呼び出せます。
20160621-2016062105.jpg
20160621-2016062106.jpg
20160621-2016062107.jpg

<6.インターネット受信モードの操作>
・メニュー画面から「設定」に進むと、インターネット受信モードを選択できます。
20160621-2016062108.jpg
・インターネット受信モードを選択した場合、GPSで受信している位置を取得しますので、GPS機能はオンにしてください。
・i-dioアプリの「インターネット受信モード」は、一部のチャンネルには対応しておりません。ご了承ください。
・i-dioアプリの「インターネット受信モード」は、動画並みの大きなデータをやり取りします。
 理論最大値では1時間あたり約300MBとなりますので、ご自宅のWi-Fi環境などでのご利用をお勧めします。
・i-dio Wi-Fiチューナーに接続している状態で「インターネット受信モード」を選択した際や、Wi-Fi経由でインターネットに接続していない端末は、モバイルデータ通信を使用して受信を行います。この場合、キャリアのパケット利用料が発生しますのでご注意ください。i-dio放送受信モードからインターネット受信モードに変更する場合は、事前にWi-Fi設定をご自宅のWi-Fi環境などに変更することをお勧めします。

20160621-2016062109.jpg
アプリの操作方法はモードを問わず同じです。
番組の内容はどちらのモードでも同じです。
一部のチャンネルは、インターネット受信モードには対応しておりません。

<7.視聴の停止>
視聴を停止するには、アプリケーションを終了させます。
ホームボタンを2回タップして、i-dioアプリを上にスワイプします。

※i-dioを受信するアプリケーション(i-dioアプリ、TS PLAYアプリ、Amanekチャンネルアプリ)は、必ず単体で起動してください。他のアプリを起動している場合、バックグラウンドからも終了させてから受信アプリを起動してください。またi-dio Phoneなどのテレビ対応のチューナー内蔵型スマートフォンでは、テレビアプリも終了させてください。

ご質問は解決しましたか?

解決されない場合は、以下からメールにてお問い合わせください。

お問い合わせメールフォーム

メールでのお問い合わせで問題が解決されない場合等、
お電話でのお問い合わせはこちらからお願いいたします。

i-dio総合コールセンター ナビダイヤル(年中無休 10時~18時)0570-04-1610(2016年3月1日より開設)

ページトップへ